住みやすかった持ち家を転勤のためあえなく、売却

Home / 住みやすかった持ち家を転勤のためあえなく、売却

現在、住んでいる家は借家ですがとても住みやすい家です。
地域としては、私自身が土地勘のある実家近くで家を探して決めました。こちらは子供が小さいですし、お互いに何かあった時に助け合えるように。
部屋の広さは3LDKで15万円ほど。
子供の保育園や小学校、習い事に近く、最寄駅まで徒歩圏内。JRの駅には自転車で出ることができるので通勤にも便利です。
小回りがきく家というのでしょうか、小さなスーパーやドラックストアまでは歩いていけますし、大きなショッピングモールまでも車で10分ほど。
ショッピングモールは23時まで開いていますので、学校の準備などで夜足りないものに気付いてもすぐに買いに行くことができます。
小さな病院もいくつかあり、いざとなったら大きな病院も車ですぐです。
小学校がすぐ近くですが隣接はしていません。これは家を選ぶ時にはあまり考えていませんでしたが、住んでみて良かった点でした。
隣接しているお家だと、騒音(人の出入りや車の音)や路上駐車で週末かなり迷惑がかかっているようです。週末、学校の校庭や体育館はスポーツチームや町内会に貸し出されるので、ほとんど毎週末朝から人の出入りがあります。また、運動会や選挙、スポーツの試合などの日は大勢の人があつまるのでかなり影響があるようです。道1本離れているだけで随分違うものだと気付きました。
次回、家探しをする時は子供が成長していると思います。行動範囲から考えて通勤・通学に便利なように駅に近い家が良いと考えています。雪が降ったり台風の時はバスで駅へ出るとなるとかなり大変。帰宅が遅くなっても駅が近ければ安心です。
今回、小学校が近くにあることで学びましたが、やはり公共の建物(学校や駅、お店も含め)と隣接すると、ある程度の影響は覚悟しないといけないと思いました。今後、家を選ぶ時はその点を意識して、便利ではあるけれど静かな生活が確保される環境にある家を選びたいと思っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 空き家売りたい時に高く売ることができる人の特徴 空き家買取してもらう前に知ってると買取額に差がつくポイント 売れない空き家が【3カ月】で売れるコツ 空き家売却のポイント|なるべく高く空き家を売却する方法はどれ 空き家売るための第一歩【我が家の空き家高額売却体験談】 空き家売れない理由は?|空き家の高額売却体験記 転勤 持ち家はどうする?まずは査定をしてから決めるべき! 住宅ローンの途中で売却するのはアリ?高額査定を引き出すコツ